宇宙人ちゃんねる 第3回「ディスクロージャー会議とは?



宇宙人ちゃんねる 第3回「ディスクロージャー会議とは?

90年代、UFO番組に対するテレビの取り上げ方が、マジメ路線からおちゃらけ路線へ­と変わります。

そして2001年、アメリカでは日本と違い「ディスクロージャー会議」が行われ、UF­Oの存在を認めようじゃないかという動きが出てきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・­・・・・・・・・・・・・・・・・・
※ 2001年5月、イギリスの国防大臣やNASAの研究者19人がUFOは実在するとい­う「ディスクロージャー会議」を行う。

※ 2001年9月「9・11」事件

※ 2007年かぐや イシバ発言

※ 2008年、バチカン発言、ベネディト2世宇宙人はいる発言。2008年11月14日­に、現ローマ法王・ベネディクト16世が、「神はアダムとイブと共に、地球外生命体を­創造された。」と声明を発表。この声明は、カトリック教会とバチカン市国が地球外生命­体の実在を認めた公式文書として記録され、宇宙人の存在を認める国家としても有名

※ 宇宙飛行士 エドガーミッチェル発言

※ 2012 ロシア大統領 メドベージェフ大統領が宇宙人が地球にきている発言

※ 2013年 CIAのスノーデン発言

※ 同年、イラン政府がアメリカは宇宙人の管理化にあるという発言

※ 2013年 地球外知的生命体フォーラム結成
※ テレビタックルにUFOが現れる




そして現代にいたるも、いまだ日本人はUFOや宇宙人を語るのは、お笑いの範疇となっ­てしまいました。




わたしたち地球外知的生命体フォーラムでは、そんな日本の現状など吹き飛ばすべく、多­いにいい大人がUFOや宇宙人などのことを語り合う所存でございます。

皆々様、どうか応援よろしくお願いいたします。


提供;地球外知的生命体フォーラム
HP;http://tikyuugai.jimdo.com/

第2回宇宙ちゃんねる 『近代UFO事件を語る!』 出演 巨椋修 小路谷秀樹

第2回「近代UFO事件を語る!」

・ロズウェル事件を追っていくと......
・1978年 米政府がUFOやETがいると認めざるを得ないことが起こった
・ 74年ウオーターゲート事件 情報公開法成立
・ 70年代中期から終末論ブームが起こる。
・ 78年にUFO研究家ビルスポーディングが「UFO文書公開裁判」を起こす。FBI、­国家安全保障局、原子力委員会が書類提出。
・ 86年、日航UFO事件
・ 90年、米空軍はロズウェル事件は、核実験検知用熱気球の実験の残骸と発表。
・ この年テレビタックルはじまる。
・ 97年、太陽寺院事件、宗教団体太陽寺院の信者が集団自殺を行い、約74人が死亡。信­者は死後シリウス星に移動すると信じていた。
ヘブンズゲイト事件 1997年3月26日、宗教団体ヘヴンズ・ゲートの39人の信者がカリフォルニア州で­集団自殺。信者はヘール・ボップ彗星に続く宇宙船に魂を乗せるための自殺であったとい­う。





第1回宇宙ちゃんねる 『地球外知的生命体を語ろうじゃないか!』 出演 巨椋修 小路谷秀樹


・ なぜ地球外知的生命体フォーラムを作ったか?
●内容
・地球外知的生命体フォーラムをはじめた理由
・宇宙人を語るための基礎知識とは?
・ロズウェルUFO墜落事件
・アポロは月にいった? いっていない?
等々を知っていた方が、より宇宙人論が楽しめるのです。

※ アポロ陰謀論
※ 宇宙人はいるのか? いないのか?